the 抗菌で学べ

the 抗菌

除菌スプレーを手作りする時に気をつけるべきことは?

テーブルの上や普段使用する道具を除菌するための除菌スプレーは手作りをすることができます。キッチンを除菌するためのスプレーを作成する場合はブリーチなどを効果がある量に薄めるだけで、手作りの除菌スプレーが完成します。この時に重要なことが効果がある量に薄めるということです。濃度が濃くなりすぎず、また薄くなりすぎないような分量にすることで最大限の効果を発揮します。スプレーを作る際は原液を触らないように手袋をすることが重要です。万が一原液に素手で触れてしまった場合はすぐに水で洗い流します。自分で作ることでお店で購入するよりもずっと安くスプレーを作ることができます。使用する頻度が多い場合はお店で購入するのではなく自分で作るのも節約の方法としてとられています。濃度に気を付け、制作中は他の原液と混ぜ合わせることなく注意しながら作ることが大切です。またすべての菌を除菌できるわけではなく、より多くの菌を除菌したい場合はさらに熱湯をかけると効果的です。

手作り除菌スプレーで安価に高い除菌効果

あらかじめ成分が調合された市販の除菌スプレーよりも、自宅で手作りした方がコストを抑えて、より高い除菌効果を得られます。冬季になると、ノロウイルスやインフルエンザウイルスが猛威をふるうため、頻繁に多くの人が触れる場所の消毒・除菌を行う必要が高まります。この時、通常のアルコールスプレーでは、ノロウイルス等、ウイルスの外殻がタンパク質で覆われているものに対して、消毒・除菌の効果が少なく、塩素系漂白剤の方が効果的です。市販されている塩素系漂白剤の多くは原液である事から、そのまま使用すると効果が強すぎるため、3%から5%の濃度に水道水で希釈する必要があります。塩素系漂白剤を希釈した除菌スプレーは、揮発性が高いため、1度に大量に作り、長期に使用する事は好ましくなく、使用する分をその都度作った方がより確実に除菌を行えます。噴霧するために使用するボトルは、塩素系漂白剤の影響によって破損しやすいため、安価なものを使用すると共に、他の洗剤の噴霧に使い回す事は避ける必要があります。

Valuable information

大阪の注文住宅
http://www.hana-house.jp/
新座でマンションを探す
http://taisei-jutaku.jp/shiki/search_mansion.html
看護士 転職 祝い金
http://www.nurse-happy-work.com/

最終更新日:2017/3/2

PAGE TOP

COPYRIGHT(C)the 抗菌ALL RIGHT RESERVED